横浜開港資料館

HOME > What's New!「ミニ展示コーナー」

What's New「ミニ展示コーナー」

築地居留地、開かれる

会期:11月1日(木)〜12月27日(木)
会場:横浜開港資料館新館2階 ミニ展示コーナー

いまから150年前の明治元年11月19日(1869年1月1日)、東京の築地居留地(現中央区)が開かれました。

当館では築地居留地を題材とした錦絵を複数所蔵しています。築地ホテル館をメインに描いたものが多いのですが、よく見ると、絵によって細部の描写が異なっています。たとえば、ホテルという西洋の建造物そのものを丁寧に描いた錦絵もあれば、ホテル周辺の日本人と外国人の交流を描き込んだ絵もあり、また、馬車など新時代の文物を大きく描写する作品もあります。

本展示では、開港場横浜とも関わりの深い150年前の築地居留地の様相を、錦絵から紹介します。
*資料保護のため会期中展示替えをおこないます。

「東京築地ホテル館」歌川広重(3代)画、明治3年(1870)6月、当館蔵

「東京築地ホテル館」歌川広重(3代)画、明治3年(1870)6月、当館蔵

このページのトップへ戻る▲