横浜開港資料館

HOME > What's New!「開催中展示案内」

What's New「Now!Open-展示案内」

平成30年度第3回企画展示
明治の戦争と横浜 −伝わる情報、支える地域−

2018年11月3日(土・祝)〜2019年1月27日(日)

明治の戦争と横浜
△PDFファイル(1.2MB)

今から150年前に始まった明治時代は、日本が試行錯誤を重ねながら近代国家へと生まれ変わっていった時代でした。それと同時に日本の国内外で武力と武力が衝突する戦争の時代でもありました。戊辰戦争によって江戸幕府を倒した明治政府は、国内の安定を図りつつ、東アジアに進出する欧米勢力に対抗するため、近代的な軍隊を整備していきます。

1873(明治6)年1月、政府は徴兵制を導入、江戸時代の武力であった士族の存在を否定するとともに、次第に兵役を国民の義務としていきました。そうしたなか、現在の横浜市域に住む人びとも軍隊とかかわり、また、戦争に動員されていきます。

本展示では、情報の伝達に注目しつつ、明治期の横浜と軍隊、特に陸軍を中心に、西南戦争や日清戦争、日露戦争と地域社会との関係を紹介していきます。

◆展示図録販売のご案内◆

『明治の戦争と横浜』
本体価格900円+税
A4判・48頁(平成30年11月)

◆関連イベント◆

(1)講座

  • 第1回11月24日(土)「日清戦争と横浜華僑社会」
    講師:伊藤 泉美(横浜ユーラシア文化館副館長)
  • 第2回12月8日(土)「日露講和と横浜の騒擾」
    講師:吉田 律人(当館調査研究員)
  • 時間:各回14:00〜15:00
  • 会場:当館講堂
  • 受講料:各回300円
  • 定員:各回当日先着80名
  • 受付方法:当日13:30より会場にて受付

(2)展示担当者による展示解説

  • 第1回:11月3日(土・祝) 13:30〜
  • 第2回:11月30日(金) 18:00〜
  • 第3回:12月21日(金) 18:00〜
  • 第4回:2019年1月19日(土) 13:30〜

各回30分程度で、事前申込不要です。入館券をお持ちの上、企画展示室入口にお集まりください。

(3)展示記念シンポジウム「軍隊と横浜」

  • 日時:2019年1月12日(土) 13:30〜16:30(開場は13:10〜)
  • 会場:当館講堂
  • 内容:基調講演  荒川 章二(元国立歴史民俗博物館教授)
    関連報告① 中村 崇高(出版文化社シニア・アーキビスト)
    関連報告② 吉田 律人(当館調査研究員)
    コメント  上山 和雄(横浜都市発展記念館館長)
    司会    羽田博昭(横浜市史資料室主任調査研究員)
  • 定員:80名(応募者多数の場合は抽選)
  • 参加料:500円
  • 申込方法:往復はがきに、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号を記入の上、下記の住所にお送りください。はがきは1枚につき1名様のみの申し込みです。
    〒231-0021 横浜市中区日本大通3 横浜開港資料館「軍隊と横浜」係
    ※文面が消えてしまう恐れがありますので、消せるボールペンでの記載はご遠慮ください。
  • 締切:12月19日(水)必着

このページのトップへ戻る▲