横浜開港資料館

HOME > What's New!「開催中展示案内」

What's New「Now!Open-展示案内」

平成28年度第1回企画展示
ハマの大地を創る−吉田新田から近代都市へ−

2016年4月15日(金)〜7月18日(月・祝)

ハマの大地を創る−吉田新田から近代都市へ−
△PDFファイル(488kb)

市役所や県庁などが所在する横浜市域の中心部は、かつては元町あたりから北へと伸びる横浜村の砂州と、それによって東京湾と区切られていた入海でしたが、江戸時代の新田開発により、次第に田や畑といった耕地へと変わります。結果的に、この入海の陸地化が開港場の建設を容易にするとともに、その後における都市域が拡大する用地を準備したことになります。江戸時代における新田開発が近代横浜の基盤を創り上げたのです。

この入海に成立した新田の内、最も早くかつ大規模であったものが吉田新田です。江戸の材木商人である吉田勘兵衛によって開発されたこの新田は、350年程前の寛文7(1667)年に完成しています。吉田新田の開発により、入海の約8割が陸地となりました。その後、残された入海も19世紀初めから半ばにかけて、横浜新田・太田屋新田として開発されていきます。

本企画展では、こうした17世紀半ばから明治初年までの約200年間にわたる入海→新田→近代都市という横浜都心部の景観の変貌について、その起点となった吉田新田の開発を中心に紹介します。

新鐫横浜全図 明治3年(1870) 当館蔵

新鐫横浜全図 明治3年(1870) 当館蔵

●展示図録の販売

ハマの大地を創る−吉田新田から近代都市へ−

「ハマの大地を創る−吉田新田から近代都市へ−」 400円+税
A4判、カラー16頁(平成28年4月)

●関連イベント

①連続関連講座「吉田新田を学ぶ」
 展示担当者によるテーマごとの解説講座

  • 〔日程・内容〕第1回:5月14日(土)「吉田新田の開発」 ※終了しました
    第2回:6月18日(土)「横浜新田・太田屋新田の開発」
  • 〔時間〕14:00〜16:00(各回)
  • 〔会場〕横浜開港資料館 講堂
  • 〔参加費〕1回につき500円
  • 〔定員〕当日先着80名
  • 〔受付方法〕当日13:30より会場にて受付

②展示説明会「吉田新田を知る」
 展示担当者による展示の概要説明

  • 〔日程〕第1回:5月21日(土)、第2回:6月25日(土)
  • 〔時間〕14:00〜15:00(各回)
  • 〔会場〕横浜開港資料館 講堂
  • 〔参加費〕 無料(入館券が必要です)
  • 〔定員〕当日先着50名
  • 〔受付方法〕 当日13:30より会場にて受付
  • *夜間開催*
     5月25日(水)・6月22日(水)の18:00より30分程度(各回)
     入館券をお持ちのうえ、2F企画展示室前にお集まりください。

③横浜シティガイド協会主催「吉田新田を歩く」
 横浜シティガイド協会の案内による吉田新田の「まち歩き」

  • 〔日程〕第1回:6月4日(土)、第2回:6月21日(火)
  • 〔コース〕9:30京急南太田駅集合〜お三の宮日枝神社〜天神坂〜
    12:00京急日ノ出町駅解散(予定)
    ※2回とも同じコースです。
  • 〔定員〕50名
  • 〔申し込み・
     お問合せ〕
    横浜シティガイド協会
    Fax:045-228-7693、Tel:045-228-7678
    またはホームページ(http://www.ycga.com/)から

●5月28日(土)、29日(日)、6月2日(木)は入館無料です。

●Y157横浜セントラルタウンフェスティバルとの連携

本展示はY157横浜セントラルタウンフェスティバル参加プログラムです。

横浜開港資料館は、同フェスティバルのウォークラリーポイントとなっています。

このページのトップへ戻る▲