横浜開港資料館

HOME > 閲覧室でご覧になれる資料

閲覧室でご覧になれる資料

横浜開港資料館では、幕末から昭和初期までの、横浜に関する歴史資料約25万点を収蔵しています。
近代横浜の政治・経済・文化など幅広い分野の資料を、古文書・海外資料・新聞・雑誌・図書・写真など様々取り揃えています。
当館の閲覧室では、これらの歴史資料をじかにご覧いただけます。また資料を複写したり(一部複写ができないものもあります)、出版・放映・展示などに複製物を利用することもできます。
詳しくは、当館閲覧室までお問い合わせください。
えつらん室News

横浜開港資料館  閲覧室

  • 開室時間9:30〜17:00(ただし入室は16:30まで)
  • 休室日月曜日・年末年始(臨時に休室することがあります)
  • 利用料100円。専門の職員がレファレンス・サービスをいたします。
  • 複写A4判・B4判・A3判
    モノクロ1枚20円、カラー・コピー1枚100円

〒231-0021  横浜市中区日本大通3
電話.045-201-2100(代表)/Fax.045-201-2102

収蔵資料の概要

横浜開港資料館の収蔵資料は大きく以下の7つの資料群に分かれています。

〈1〉文書記録類

個人や団体、行政機関などに残された歴史資料です。印刷物ではなく、「この世に一点しかない」オリジナルな資料が多数含まれています。

  1. 諸家文書
    市内の旧家・会社や、市外の横浜に関係の深い個人のお宅に残された歴史資料。「○○家(所蔵)文書」などの冊子目録で検索します。
  2. 館蔵諸文書
    開館後に購入した歴史資料など。「館蔵諸文書目録」で検索します。
  3. 市史稿写本
    戦前期の横浜市が収集した歴史資料の筆写本。カード目録で検索します。
  4. 歴史的公文書
    太政類典・公文録・外務省記録があります。それぞれの目録で検索します。
  5. 海外資料
    アメリカ・イギリス・フランス・中国などの政府機関に残った資料、会社・個人の資料など。それぞれの冊子目録・カード目録で検索します。
文書記録類
文書記録類
諸家文書の一例:関口日記
諸家文書の一例:関口日記
館蔵諸文書
館蔵諸文書
市史稿写本
市史稿写本

〈2〉行政資料

行政刊行物です。横浜市や神奈川県が発行したものを中心に収集しています。『行政資料目録』(1995年)などで検索します。〈3〉新聞・雑誌、〈4〉文献資料の項も参照して下さい。
【主な資料】市報・県公報  議会速記録  職員録  統計書  事務報告書

行政資料
行政資料
 

〈3〉新聞・雑誌

横浜市内や神奈川県内で発行されたものを中心に、原本の欠号を複製で補うなどして、多くを複製で公開しています。外国人居留地で出されていた外国語新聞・雑誌なども多数あります。『新聞・雑誌目録』(平成2年12月)やカード目録で検索します。
【主な新聞・雑誌】横浜毎日新聞    横浜貿易新報    ジャパン・ウィークリー・メール    絵入ロンドン・ニュース(以上新聞)
実業之横浜    大横浜    横浜商工会議所月報    トバエ    ジャパン・パンチ(以上雑誌)

新聞・雑誌
新聞・雑誌
日新真事誌
日新真事誌

〈4〉文献資料

日本語図書・和本洋書中国語図書などが含まれます。閲覧室にあるカードや冊子体目録等で検索します。一部については、Web-OPACでの検索が可能です。
【主な資料】戦前期に刊行された図書、歴史研究書、資料集・叢書、地方史、人名録、事典・目録類などの参考書誌など

文献資料
文献資料

〈5〉画像資料

瓦版  2浮世絵  3写真  4芝居番付  5絵画  6絵葉書  7商標  に分かれています。原則的に複製での閲覧となります。
瓦版  2浮世絵  については、『瓦版・浮世絵目録』、4芝居番付  については、『芝居番付目録』で検索して下さい。
なお3写真  は『F.ベアト幕末日本写真集』『文明開化期の横浜・東京』『明治の日本』、6絵葉書  は『100年前の横浜・神奈川』に、主な資料が掲載されています。
出版・放映・展示などにもご活用いただけます。
よこはま歴史画像集をみる

横浜交易西洋人荷物運送之図(浮世絵)
横浜交易西洋人荷物運送之図(浮世絵)
横浜桟橋(絵はがき)
横浜桟橋(絵はがき)
生糸商標と茶商標
生糸商標と茶商標

〈6〉地図・図面類

地図は約300点が閲覧室のパソコン上で閲覧できる(プリントはできません)ほか、横浜市作成の3000分の1地形図(昭和3年〜28年・複製)76点、その他複製地図約30点や、土地の明細が分かる土地宝典が約20点閲覧できます。
また建築図面は複製本でご覧になれます。
なお、横浜市作成3000分の1地形図は、横浜市のホームページでもご覧になれます。
3000分の1地形図をみる

横浜市開港記念会館建築設計図面
横浜市開港記念会館建築設計図面

〈7〉個人コレクション

収集家が残した蔵書・資料類です。 1相原良一文庫、2岩生成ー文庫、3稲生典太郎文庫、4岡コレクション、5五味亀太郎文庫、6豊田博士記念文庫、7ドン・ブラウン・コレクション、8ブルーム・コレクション、9石井光太郎文庫、10萩原延壽文庫などがあります。それぞれの目録で検索します。

五味亀太郎文庫
五味亀太郎文庫
プルーム・コレクション
プルーム・コレクション

なお『横浜開港資料館  収蔵資料総覧』(2006年)は、収蔵資料の概要、年代、総数、原蔵者、閲覧形態、複写の有無、参考文献などを解説しています。併せてご活用ください。

複写について

当館は一般の図書館と異なり、オリジナルの歴史資料や、所蔵者のご厚意でお預かりしている資料、保存状態が良好でない資料などが多数あります。このため、資料の複写に際してもいくつかの制限があります。
以下のものは電子式複写することができません。複写を希望される場合は、マイクロフィルムやデジタルカメラなどによる後日複写となります。

  • 文書記録類の中の原資料(複製や市史稿写本を除きます)。
  • 1912年以前に発行された図書・雑誌類
  • 1945年以前に発行された洋書(ただしドン・ブラウン・コレクションは1952年以前)
  • 新聞の原紙・画像資料の原資料

このほか、著作権法に抵触するもの、所蔵者の希望で複写に特別の許可等を必要とするものなどがあります。詳しくは閲覧室までお問い合わせください。

当館発行の目録等について

以下の目録類については通信販売等で購入できます。

  • 『ブルーム・コレクション書籍目録』(全4冊揃  3,097円)
  • 『ドン・ブラウン・コレクション書籍目録』(2,100円)
  • 『五味亀太郎文庫目録』(2,548円)
  • 『横浜開港資料館  新聞・雑誌目録(平成2年12月末現在)』(2,854円)
  • 『横浜開港資料館  行政資料目録』(1,529円)
  • 『横浜開港資料館所蔵  瓦版・浮世絵目録(平成8年12月末現在)』(1,575円)
  • 『横浜開港資料館  芝居番付目録』(2,854円)
  • 『横浜関係人物検索図書目録』(815円)
    (『横浜開港資料館紀要』6・7・8・10・18〜22号にも目録を掲載しています。)
  • 『横浜開港資料館  資料総覧』(1,365円)
  • 『稲生典太郎文庫目録  第一集(和図書・史料・地図)』(2,100円)
  • 『石井光太郎  著作目録』(500円)
  • 『横浜開港資料館所蔵 石井光太郎文庫 第1集 和装本之部』(1,575円)
  • 『「実業之横浜」目次・索引』(1,500円)

このページのトップへ戻る▲