横浜開港資料館

HOME > What's New!「これからの予定」

What's New「これからの予定」

これから開催予定の展示はつぎのとおりです。

平成29年度第4回企画展示
連携企画展
銭湯と横浜−“ゆ”をめぐる人びと−

2018年1月31日(水)〜4月22日(日)

銭湯と横浜−“ゆ”をめぐる人びと−
△PDFファイル(2.7MB)

日本人はこころと身体の疲れを癒すため、お風呂を求めます。人びとが集まる都市部において、そうした入浴の機会を提供しているのが街々の公衆浴場、「銭湯」です。1859(安政6)年の横浜開港以降、干拓地の上に新しい街ができると、銭湯も新開地に進出してきます。さらに人口流入による都市化の進展とともに、銭湯の数は増加し、同業者間の激しい競争を生み出しました。主に北陸地方から移住してきた銭湯の経営者たちは、試行錯誤を重ねながら生き残り、横浜の地に根づいていきます。

一方、人びとは入浴に「療養」や「娯楽」という要素を求め、箱根や湯河原、熱海などの温泉地に足をむけます。1914(大正3)年、橘樹郡大綱村でラジウム鉱泉が湧出すると、1927(昭和2)年の東横線全通とあいまって、横浜の北部に京浜の「奥座敷」となる綱島温泉が出現します。人びとは癒しを求めて綱島へむかいました。

本展示では、銭湯や温泉をキーワードに、近代横浜の都市形成史をたどっていきます。

展示記念シンポジウム「銭湯と横浜」

展示開催を記念してシンポジウムを開催します。謎に包まれた横浜銭湯の歴史について、民俗学と歴史学の視点からアプローチしていきます。
みなさまのご参加をお待ちしています。

  • 【日時】2018年2月10日(土)午後1時30分〜午後4時30分
  • 【会場】横浜開港資料館 講堂
  • 【内容】報告① 吉田律人(横浜開港資料館)
    「横浜銭湯の近代史」
    報告② 羽毛田智幸(横浜市歴史博物館)
    「戦後横浜銭湯のあゆみ」
    報告③ 山口拡(福島県立博物館)
    「銭湯で働く人々−浴場業者のライフヒストリー」
    コメント 上山和雄(横浜開港資料館・横浜都市発展記念館館長)
    司会 西川武臣(横浜開港資料館・横浜都市発展記念館副館長)
  • 【募集人員】80名(応募多数の場合は抽選)
  • 【参加料】500円
  • 【申し込み方法】往復はがきに、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号を記入の上、下記の住所にお送りください。はがきは1枚につき1名様のみの申し込みです。
    〒231-0021 横浜市中区日本大通3 横浜開港資料館 銭湯展シンポ係
  • 【締切】2018年1月29日(月)必着

●展示図録の案内

銭湯と横浜
1,300円(税込み)
B5判・96頁(平成30年1月)

●関連イベント

①展示関連講座「綱島温泉の誕生」

  • 【講師】吉田律人(当館調査研究員)
  • 【日時】3月17日(土) 午後2時〜午後3時30分
  • 【会場】横浜開港資料館 講堂
  • 【受講料】500円
  • 【募集人員】当日先着80名
  • 【申し込み方法】当日午後1時30分より会場にて受付
  • 【お問い合わせ】045‐201‐2100

②展示担当者による展示解説

  • 【日時】第1回2月 3日(土) 午後1時30分より
    第2回2月23日(金) 午後6時より
    第3回3月23日(金) 午後6時より
    第4回4月14日(土) 午後1時30分より
  • 各回30分程度です。事前申込みは不要です。
    入館券をお持ちの上、新館2階企画展示室入口にお集まりください。

③史跡散策「京浜の『奥座敷』・綱島温泉を歩く」
展示担当者とともに、失われつつある綱島温泉の痕跡をめぐります。

  • 【日時】4月6日(金) 午後2時〜午後4時
  • 【集合】東急東横線「大倉山駅」改札口前
  • 【参加料】500円
  • 【募集人員】15名(応募者多数の場合は抽選)
  • 【申し込み方法】往復はがきに、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号を記入の上、下記の住所にお送りください。
    はがきは1枚につき1名様のみの申し込みです。
    〒231-0021 横浜市中区日本大通3 横浜開港資料館 銭湯展散策係
  • 【締切】3月26日(月)必着
  • 【お問い合わせ】045‐201‐2100

横浜市歴史博物館 会場
連携企画展
「銭湯と横浜−ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!−」

会期:2018年1月24日(水)〜3月21日(水・祝)

銭湯が身近にあった高度成長期以降の昭和時代を中心に、戦後から現代に至るまでの横浜市内の銭湯の移り変わりや、横浜の発展を支えた人々の公衆衛生を担ったお風呂屋さんのくらしをご紹介します。

展示資料

横浜市歴史博物館 連携企画展「銭湯と横浜−ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!−」

ツイッター @1010toyokohama

問い合わせ先
横浜市歴史博物館 TEL:045-912-7777

このページのトップへ戻る▲