横浜開港資料館

HOME > What's New!「これからの予定」

What's New「これからの予定」

これから開催予定の展示はつぎのとおりです。

横浜開港資料館開館40周年記念
七つの海を越えて

七つの海を越えて
△PDFファイル(982kb)

T期:「鎖国」下の日本とイギリス

2021年4月24日(土)〜7月11日(日)

U期:幕末の日英関係

2021年7月17日(土)〜11月7日(日)

近年、政治・経済・安全保障など多くの面で関係を深めつつある日本とイギリス。その両国の関係のはじまりは江戸時代初期にさかのぼります。

1613年、イギリスのセーリスが日本を訪れ、両国は貿易関係を開始しました。世界情勢の変化によって直接の交流はいったん途絶えますが、イギリスはアジアへの進出をはかるなかで、18世紀の末から日本近海に再び姿を現します。1859年の開港後、多くのイギリス商人が横浜をはじめとする開港都市に居留し、貿易を開始。また、東アジアに展開した海軍力を背景に、イギリスは幕末期の日本の政治・社会に大きな影響を及ぼしました。

当館では、日英関係のあゆみを示す歴史資料を多数所蔵しています。本展では、イギリス人が見た日本の様相と日本人の見たイギリス(人)の姿を、旅行記、地図、絵画、古写真、古文書など多様な資料から紹介しつつ、「七つの海」を越えて強いつながりを築くにいたった日英関係の源流を考えます。

このページのトップへ戻る▲