横浜開港資料館

HOME > 閲覧室でご覧になれる資料 > 諸家文書 > な行〈1〉

閲覧室でご覧になれる資料「書家文書」

【な行】

中家文書

【解説】埼玉県秩父郡長瀞町の中家に伝わった文書記録で、現在は東京都目黒区の熊木敏郎氏が所蔵している。江戸時代から昭和期までの資料を含み、明治時代初頭の蚕種貿易関係資料がある。これは、中家が蚕種を生産していたためで、横浜の蚕種貿易商野沢屋忠兵衛が中家に送った書簡などを含む。
【原蔵者】熊木敏郎
【総数】約500点
【年代】1736(元文元)年〜1954(昭和29)年
【閲覧】複製本(Ca6-11.2)
【検索】「武州秩父郡矢那瀬村中家文書目録稿」
【備考】原田信夫・西川武臣「中家文書史料紹介」(『札幌大学女子短期大学紀要』14)

中沢磯一家文書

【解説】諏訪市湖南の生糸・繭商中沢磯右衛門の文書。嘉永年間に分家した中沢家(屋号塩屋)は、安政初年から生糸・繭取引を行い、開港後は横浜の石川屋・大野屋・亀屋らと取引があった。文書は帳簿類と仕切書・商用書簡などからなる。
【原蔵者】中沢磯一
【総数】303点
【年代】1844(天保15)年〜1894(明治27)年
【閲覧】複製本(Ca5-20.2)
【検索】「中沢磯一家文書目録」(『横浜関係史料所在目録 2』)
【備考】横浜市編・刊『横浜市史』資料編第1巻(1960年)

長澤信雄メニュー・コレクション (寄贈)

【解説】社団法人全日本司厨士協会最高技術顧問などの公職を歴任された長澤信雄氏が、小笠原兵左衛門(宮内省大膳職)、長澤萬次郎(中央亭料理長)らから引き継いだ明治・大正・昭和期のホテル・レストランのメニュー・コレクション。横浜のグランド・ホテルほか、東京の帝国ホテル、宮内省大膳課、精養軒、東洋軒、など多数。
【寄贈者】長澤信雄
【総数】約600点
【年代】1891(明治24)年〜1976(昭和51)年
【閲覧】複製本(文書72)
【検索】「長澤信雄メニュー・コレクション目録」

中嶋宏子家資料(寄託)〔2011.11.22公開〕

【解説】中嶋家資料は、ペリー来航時に幕府の首席全権委員林大学頭の従者であった竹田鼎の関係資料である。横浜でのペリーとの交渉に際して記された竹田の日記、竹田が江戸での日常の公務を滞りなくおこなうために記した覚書、竹田家の先祖書などから成る。所蔵者の中嶋氏の夫の母が竹田家の出身であり、資料が中嶋家に伝来した。
【寄託者】中嶋宏子
【総数】6点
【年代】江戸期〜明治期
【閲覧】原資料
【検索】中嶋宏子家所蔵資料目録

長島弘家文書 (寄贈)

【解説】横須賀市西浦賀町の旧家長島家に伝わった文書記録。同家は、江戸時代から明治時代にかけて穀物商として活動したが、経営関係の資料は残っていない。所蔵資料は、幕末期の当主が作成したもので、「浦賀表備筋書付」、「亜米利加横文字和解」などと題された写本である。
【寄贈者】長島弘
【総数】5点
【年代】幕末期
【閲覧】原資料
【検索】「長島家文書目録」

このページのトップへ戻る▲