HOME

WHAT'S NEW!

横浜の歩みと横浜開港資料館

開館日・交通案内・入館料

施設案内と「たまくすの木」

館報「開港ひろば」
最新号
総目次
バックナンバー

閲覧室でご覧になれる資料

蔵書検索(Web-OPAC)

ショップから

画像(写真等)の利用について

団体で利用されたい方へ

リンク集
HOME > 館報「開港のひろば」 > バックナンバー > 第76号

館報「開港のひろば」バックナンバー


企画展
100年前の旅行アルバム
−外国人が撮ったニッポン−


人力車の外国人旅行者と子供たち
J.S.C-F.夫妻アルバムから  1909年
人力車の外国人旅行者と子供たち

京都・也阿弥ホテルにて
ランバート氏アルバムから  1905年
京都・也阿弥ホテルにて

「開港のひろば」第76号
2002(平成14)年4月24日発行

企画展ハイライト
展示余話
最後の橘樹郡長・福本柳一
資料よもやま話
「国内最古のガス管」発掘ルポ
資料館だより


 当館で収集した資料のなかに外国人の個人写真アルバムがあります。外国人旅行者のアルバムや横浜に住んでいた欧米人の家族アルバムなどです。今回の展示では、そのなかから20世紀初頭の旅行アルバムを選び、100年前の日本の風景と人びとの姿を紹介します。

 欧米では19世紀後半になると外国旅行が珍しいものではなくなり、1870年代以降には世界一周旅行が人気をあつめました。日本の港にもこうした観光客が多数訪れ、日記や手紙やスケッチに日本の印象をかきとめました。そして帰国後にはおびただしい数の旅行記が出版されました。

 そのころ横浜では日本の風景・風俗を写真にとり、彩色をほどこして豪華なアルバムに仕立てたものが販売されており、「横浜写真」として外国人の人気を博していました。こうした写真は一枚ずつでも購入でき、観光客には格好の土産物となっていました。

 やがて1888年(明治21)、ロールフィルムを使うカメラ「コダック」が売り出されたのを端緒としてアマチュア写真家の時代が到来しました。彩色写真を買うかわりに、自分で写真をとる外国人旅行者の姿も珍しくなくなりました。

 1893年の旅行ガイドブックによれば、当時横浜港の通関の際、カメラは課税品でした。日本に着いたばかりの旅行者が早速写真を撮ろうとして目立ちすぎると、しばしば後悔する羽目におちいるとガイドブックは警告しています(E.R.Scidmore, Westward to the Far East)。

 19世紀末には幕末以来のいわゆる不平等条約が改正され、外国人の日本国内旅行も自由になりました。20世紀初頭の日本といえば、日清・日露戦争を経て急速に変わっていきましたが、観光客がカメラをむけたのは昔ながらの「日本らしい」風景や人びとだったといえるでしょう。そこには身構えた記念写真や異国趣味の風俗写真とは一味ちがう日常の風景や生活がくっきりととどめられています。

(伊藤久子)





このページのトップへ戻る▲




最終更新日2006年8月20日  Last updated on Aug 20, 2006.
この頁の内容の著作権は横浜開港資料館に属します。Copyright(c)1999 Yokohama Archives of History. All rights reserved.